釜浅商店

洋庖丁

洋庖丁
明治以降、西洋料理の伝来とともに日本でも使用されるようになった洋庖丁は、
「両刃」であり、素早く均一に切ることに長けています。
国産の庖丁は「和庖丁」の技術が活かされ、海外からも評価が高いです。

洋庖丁の種類

取り扱い洋庖丁ラインナップ

一覧を見る一覧を閉じる

洋庖丁の構造には、単一の鋼材でできている「1枚鋼材」と、
2種以上の鋼材で挟み込む「わり込み」(もしくは「ダマスカス」)の2種あります。

-1枚鋼材-
■S-V10シリーズ
鋼材 :
V金10号(ステンレス系)
本製品は通常のV金10号より若干硬度を下げ、粘りを増やし研ぎやすくしています。プロから一般の家庭まで扱いやすい鋼材です。
特徴 :
柄は青味がかった色で、形状は手の小さい方にも握りやすいよう丸みを帯びています。
※食材を刃身から剥がれやすくするディンプル(溝)付タイプあり
利き手 :
右(左利き用あり)
産地 :
岐阜県関市
■V金1号シリーズ
鋼材 :
V金1号(ステンレス系)
モリブデンを含有しカーボン量が多く、『研ぎやすさ』と『切れ味の持続性』のバランスが良い鋼材です。クロームを14%含有しているため、耐食性もあります。
特徴 :
飽きのこない定番のデザイン
※食材を刃身から剥がれやすくするディンプル(溝)付タイプあり
利き手 :
右(左利き用あり)
産地 :
岐阜県関市
■スウェーデン鋼シリーズ
鋼材 :
スウェーデン鋼(ステンレス系)
硬度はそれほど高くはないが、非常に不純物が少なくて、ステンレス系の中でも特に研ぎやすい鋼材です。
特徴 :
非常に薄く研ぎあげた刃で、食材への刃の食い込みがよく、切り口が美しく仕上がります。薄く軽いが減りが早いので研ぎすぎには注意が必要。
※食材を刃身から剥がれやすくするディンプル(溝)付タイプあり
利き手 :
産地 :
大阪府堺市
-わり込み・ダマスカス-
■黒柄 鎚目V10ダマスカスシリーズ
鋼材 :
V金10号(ステンレス系)
硬度が高く、非常に永切れするV金10号は、高い精鋼技術で作られる高級鋼材。耐摩耗性も高いのでやや研ぎにくい面もあります。
特徴 :
8層ずつ計17層の鋼材でできて、刃にダマスカス模様が入り、鎚目(凹凸)がついたデザイン性の高い人気シリーズ。
利き手 :
左右兼用
産地 :
岐阜県関市
■V10 33層ダマスカスシリーズ
鋼材 :
V金10号(ステンレス系)
硬度が高く、非常に永切れするV金10号は、高い精鋼技術で作られる高級鋼材。耐摩耗性も高いのでやや研ぎにくい面もあります。
特徴 :
刃に美しいダマスカス模様が入った刃は計33層になっているが、薄く研ぎあげているため重くなりすぎていない。
利き手 :
左右兼用
産地 :
岐阜県関市
■粉末ハイス ダマスカスシリーズ
鋼材 :
ハイスピード鋼(ステンレス系)
錆びに強いうえ、硬度、耐摩耗性が他の鋼材より優れ、切れ味の持続性が抜群に高いステンレス系最高峰の鋼材です。その反面、研ぎには技術を要し、欠けやすい面もあるので取り扱いには特に注意を要します。
特徴 :
ハイスピード鋼を、左右30層ずつの軟鉄で挟み込み、ダマスカス模様が入っています。
利き手 :
左右兼用
産地 :
岐阜県関市
-和式シリーズ-
■V10 シリーズ
鋼材 :
V金10号(ステンレス系)※1枚鋼材
通常のV金10号より若干硬度を下げ、粘りを増やし研ぎやすくしています。プロから一般の家庭まで扱いやすい鋼材です。
特徴 :
S-V10シリーズの鋼材に和式の持ち柄をつけたタイプ。
※食材を刃身から剥がれやすくするディンプル(溝)付タイプあり
利き手 :
産地 :
岐阜県関市
■白紙二号シリーズ
鋼材 :
白紙二号(ハガネ)※わり込み
ハガネの中でも純度が高く、研ぎやすさと永切れのバランスが良い鋼材です。
特徴 :
和庖丁を製造している職人の手により1本1本鍛造と研ぎで作られた。刃裏に「匠鋼」の刻印あり。
利き手 :
左右兼用
産地 :
大阪府堺市
■青紙一号シリーズ
鋼材 :
青紙一号(ハガネ)※わり込み
ハガネの中でも非常に永切れする鋼材です。硬度が高いため、欠けやすいので取り扱いには注意を要します。
特徴 :
和庖丁を製造している職人の手により1本1本、鍛造と研ぎで作られた。刃裏に「極鋼」の刻印あり。
利き手 :
左右兼用
産地 :
大阪府堺市
■銀紙三号シリーズ
鋼材 :
銀紙三号(ステンレス系)※わり込み
ステンレス系ですが研ぎやすく、和庖丁にも使用される鋼材です。
特徴 :
和庖丁を製造している職人の手により1本1本鍛造と研ぎで作られた。裏に「銀三」の刻印あり。
利き手 :
左右兼用
産地 :
大阪府堺市
その他にも各種ブランド品などございます。
別誂え承っております。納期や価格などのお見積もりはお問い合わせください。
お問い合わせ

製作工程

庖丁の使用上の注意